« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月19日 (水)

休日のオペラ

Kyiv  16日の日曜日、時々出向く劇場グリーンホール相模大野で、オペラの公演があったので、行って参りました。

←公演のパンフレット

 キエフ・オペラ ~ウクライナ国立歌劇場オペラ~ 演目はプッチーニの「トゥーランドット」です。 生オペラの全編鑑賞は、初めてなので、ずっと前から楽しみにしていました。 とても有名な所謂古典芸術ですので、作品のハイライトはあちこちでよく耳にしていますよね。 

 2006年トリノオリンピック開会式で、故パバロッティが熱唱し、同フィギュアスケート競技で、荒川静香さんが金メダルを取った演技に使われた「誰も寝てはならぬ」は、このオペラの有名なアリアですので、ご存じの方も多いでしょう。MIDI この日も、このハイライト部分では、凄い拍手の嵐でした。Green_hall_3

幕間のホール、ここでオケピを見るのは初めて→

 この日のメインキャストは写真の二人、中国の王女で絶世の美女「トゥーランドット」は、オレナ・スクヴォルツォヴァ。 かつて、だったん国の王子で 、トゥーランドットの3つの謎に挑む「カラフ」にアンドリィ・ロマネンコという二人の歌手です。

 二人ともご覧のように立派な体格で、とくにソプラノのオレナ・スクヴォルツォヴァは、男を次々血祭りに上げる氷の美女・・というより、ドラえもんか、お笑いの「今くるよ」さんのようなルックスでしたので、、なんとなくユーモラスな風貌で、イメージがちょっと違ったかな(w)。

Soprano

Tenor  とはいえ、肝心の歌唱のほうは文句の付けようが無く、広いホールに響き渡るド迫力の歌声には、感動を覚えました。 特にテノールは素晴らしい!!  すべての歌の中でアリアが、中でもテノールの歌うアリアが、その中でも「誰も寝てはならぬ」が最高である・・と、通の間では言われているらしいですが、その根拠がちょっとだけ分かったような気がします。

 オペラ公演のチケットは高いし、相模原あたりではなかなかプログラムが組まれませんので、頻繁に観劇というわけには参りませんが、お気に入りの演目が上演されたら、また是非行ってみたいと思っています。 

2008年11月15日 (土)

夢の丘小学校6年生、今年も仕事体験に。

こんにちは、手焼きせんべい風林堂店長酒井浩です。0801

 夢の丘小学校の6年生、今年は女の子4名が仕事体験に来ました。 いつものように、1週間前の挨拶と、注意事項の確認、そして昨日は朝9時半から、午後2時までの実地学習です。

0802  風林堂は、お煎餅の製造と販売を両方行っているので、生徒さんたちにも交代で両方のお手伝いをしてもらいます。 ご家族の方が、お子さん達の奮闘ぶりをご覧になりに来店されたり、先生方も工場にいらっしゃったりするので、生徒さん達も含め当日は普段より人の出入りが多くなり、賑やかになります。

 今回風林堂のお手伝いに来てくれた4名は、みんな仕事中のおしゃべりは少なくて、とても真面目でしっかりした6年生だなという印象でした。 緊張していたのかな? もう少し元気があっても良かったかも知れないね。 でも、お店や工場の人にいわれた仕事に一生懸命取り組んで、丁寧に早く仕上げようとしてくれました。ひとつの仕事が終わると、「次はなにをしますか?」 と積極的に声をかけてくれたところも良かったですね。

0803 お店の掃除から始まり、商品の陳列や接客。工場内ではギフト用おせんべいの箱作りと、昨日までにできていたおせんべいの箱詰め。 今朝焼けたお煎餅の たれつけのお手伝い。 ざらめつけなど、普段見たこともない作業をいろいろ体験できたと思います。 

 私は、みんなが帰る前に、仕事で出かけてしまったので、一日の感想を直接聞くことはできませんでしたが、みんなどんなことを思って帰ったのでしょうか?
今度来てくれたときに聴いてみたいですね0804

 そして、昨日来てくれた生徒さんの中の一人に、3年前、一人で風林堂に体験に来た今は中3になっている男の子の妹さんがいました。兄妹で来てくれるなんてとてもうれしい事ですね。
 
 僅かな時間ではありますが、いろいろな経験を通して、生徒さん達の視野を広げるお手伝いができれば嬉しいと思っています。 帰宅後、ご両親とどんなお話をしたのか、今度聴かせてくださいね。

0805


←昼休みに記念撮影、みんなかわいく撮れたかな?

2008年11月13日 (木)

Fヨコ ステッカー

おはようございます。 手焼きせんべい 風林堂店長 酒井浩です。Fyoko

 相模原は、久しぶりに気持ちのいい快晴の朝を迎えました。今日は風林堂の定休日なので、青空の下どこかに出かけたくなりますね。

 昨日、FMヨコハマから、リスナープレゼントのステッカーが届きました。 普段、車での外出の際には、情報源・娯楽源として愛聴しているFM放送局です。 早速営業車のどこかに貼りましょう。

 隣に置いてある私の携帯の待ち受け画像は、局の名物レポーター藤田優一くんの似顔絵イラストです。 「はぁ~い!フジタでぇ~す」という決めゼリフで番組のコーナーに登場し、神奈川県内くまなくレポートしている藤田君ですが、もう一人のレポーター、毎日「スポぉぉぉぉぉぉ~ン」と登場するほずみんこと穂積ユタカくんどちらかに、いつか風林堂にも来てもらいたいなぁ。( ^ー゜)b

2008年11月 9日 (日)

迷子の警察音楽隊

Maigo 鮮やかな水色の制服を着た、浅黒く彫りの深い顔のアラブの男達が、所在なげに並んで迎えを待っている無言劇のような冒頭シーン(ポスターの絵柄も同じ)から、作品全体のトーンが伝わってきます。

 英国題The Band's Visit イスラエルの作品なのでヘブライ語の原題は読めません。

 異国の見知らぬ土地に、図らずも滞在することになった警察音楽隊の面々、その一夜の出来事を綴った90分あまりの短い作品ですが、ほのぼのとした雰囲気とそこはかとないユーモア、絶妙の間がおいしい、いい作品だと思いました。

ア ラブの盟主エジプトの警察官たちが、隣国でありながら建国以来決して良好とは言えない関係にあるイスラエルに赴く。両国の関係、距離感などを深くは知らな くとも、その微妙なシチュエーションが、彼らの心細げな描写の根底にあることは容易に想像がつきますが、そのあたりについての深読みが必要とは思いません でした。

 異国からの突然の来訪者と、それを受け入れる辺境の町の人々、それぞれが母国語でない言語でぎこちなくコミュニケーションをとり ながら、少しずつ心を通わせて行きますが、その過程の小さなエピソードの積み重ねによって登場人物像の輪郭も見えてきます。 このあたりの作りにも好感が持てます。

 隊長と食堂の女主人との交流、若く女たらしの隊員が初な若者に恋の手ほどきをするシーン、枯れかけていた初老の隊員が希望を取り戻すシーンなど見所が何点かあります。それぞれが自然で、妙な教訓じみていないところもオススメです。

 現代の大人の童話として、アラビアンナイトに書き足したいような作品です。


at MOVIX 橋本

2008年11月 4日 (火)

クロネコヤマトのお歳暮企画

こんばんは、手焼きせんべい 相模原風林堂 酒井浩です。

Yamato_heart  ネット販売の全国発送などでいつもお世話になっている、クロネコヤマトこの冬の物販企画で、風林堂にも声がかかりました。 右の写真のようなカタログを製作し、ヤマト運輸の厚木支店管内のたくさんのドライバーさんたちが、宅配業務の際に営業してくださるという企画です。 

 カタログには、県央地域の名店が名を連ね、おいしそうなギフト商品がたくさん並んでいます。 その中に風林堂も末席を汚しているわけですが、居並ぶ名店の中で、どうも居心地が悪い気がしてしまします。

 今回、企画そのものが、初めての試みとのことで、全体に暗中模索の中でのスタートでした。 いろいろ考えた末、風林堂では簡易なダンボールケースに、店頭で人気の7種類のおせんべい・あられなどを詰め合わせた気取らないサービスパックを作りました。

Yamato_heart2 ギフト需要の他、ご家庭で召し上がっていただいてもお楽しみ頂けると思います。 神奈川県県央から西部にお住まいの皆様、どこかでこのカタログを見かけたら、よろしくお願いいたします。

そして、ドライバーの皆さん、出来の悪い出品者ですが、何卒、よろしくお願いいたします。

2008年11月 1日 (土)

新しい仕事道具

こんにちは、手焼きせんべい 風林堂店長 酒井浩です。

 相模原では北風の強い朝を迎えましたが、発表によると関東地方今年の木枯らし1号だったようです。 霜月の声を聞いたとたんの冷たい風で、季節は一歩、秋から冬へ歩みを進めたような感じです。 皆さんのお住まいの地域ではいかがですか? そろそろ風邪やインフルエンザに注意を払わなくてはいけない季節の到来ですね。


 先月の終わり頃、新しいノートPCが、届きました。 "届きました"というのは、通販での購入だったからなのですが、風林堂の3台目のノートPCは、シェアNo,1 DELLコンピュータの、格安ビジネスモデル「vostro1000」になりました。 Vostro1000

 量販店の店頭には、スタイリッシュで、ハイスペックな国内メーカーのモデルが存在感を競い合っていて、購買意欲をそそります。 しかし、私にとってのノートパソコンは、デスクトップのサブとして、ほとんど仕事用途にしか使わないものなので、基本性能がしっかりしてさえいれば、高付加価値で、高価な機種よりも、こんなコストパフォーマンスの高いタイプがありがたいわけです。そして特筆すべきなのは、同社の販売方法としてWinXP Pro と Vista Business環境が両方入手できるところです。 PC環境のアップグレードには、それまで使っていたアプリケーションが、動作保証外になるというリスクが常につきまとうので、このような措置はとても助かります。

 「vostro1000」のCPUには、相対的に低価格を実現してくれるAMD社のAthlon64×2 デュアルコアプロセッサが搭載され、2Gのメモリーと、160GのHDD、内蔵無線LANに、15.4インチのワイド液晶。 私の仕事には十分すぎるスペックです。 インターネットセキュリティソフトが常駐しても、サクサク動きます。 快適!

 そして、ご覧のように、新型PCでも私のデスクトップ画面はクラシックWindowsのまま、XPのデフォルトスタートメニューでさえ、このオールドユーザーはなかなか取っつけず、固くなりつつある頭をほぐしながら、今日も仕事に取り組むのでございます(笑)

 ちなみに壁紙は、スターウォーズEpisode6に登場した、Y-Wingスターファイター(設計者はあのイカ頭のアクバー提督) かっこいいでしょ?

フォトアルバム

検索

  • 検索

Powered by Six Apart

風林堂サイト

Facebook

Analytics

  • Analytics