« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

スラムドッグ$ミリオネア

Slumdog  今年のアカデミー作品賞含む最多8部門を受賞した作品。 既に評価の定まった作品なので、その魅力を伝える言葉は、既に語り尽くされていると思うが、確かにオスカーの名に恥じない素晴らしいエンターテインメント作品だと思う。 インド・ムンバイ、スラム出身の若者が織りなす極上の青春ラブストーリーだ。

 おなじみのクイズショーを題材に、主人公が発する答えと、警察署での尋問、そして彼の人生をシンクロさせて見せるという構成は原作の手法だというが、ダニー・ボイル監督の手による巧みな映像化によって、見事に大成功していると思う。 

  現代日本のフツー階層に暮らす我々には想像することさえさえ難しい、インドの貧困の現実と、その底辺で生き抜いてきた、主人公と兄の生い立ちが描かれる前半シー ンのスピード感とダイナミックさには圧倒される。 あるときは警備員やギャングに追われ、スラムを走り回り、また、母親の死後孤児となった彼らが、旅客列車を生きる糧としたり、インチキ観光ガイドになったりと、自分自身の機知のみを頼りにたくましく生き続けるジャマールとサリーム。 悲惨な境遇とは裏腹に、生命力に溢れ、屈託無く笑って過ごす彼らがたまらなく魅力的だ。 そして、彼らと同じ境遇の子供達を食い物にする、醜い大人の存在。 アジアの影の部分にも切り 込んで見せる。

 後半では、青年になり違う道を歩み始め、対照的な生き方を選ぶ兄弟の姿、高層ビル群が林立し、西欧の夜間コールセンターと化している、IT先進国インドの今、そして、ジャマールの明晰さと、ラティカへの変わらぬ純愛が披露される。 そして、スリリングなクライマックス。

  想像してみよう。 例えば、舞台を別の国に設定しても、物語の幹「恵まれない生い立ちにもかかわらず、困難に打ち勝ち、成功を手にする主人公の生き様。」 は、形を変えて成立するかもしれない。 しかし、彼がクイズの答えを知り得た背景描写、そして何より、作品全体が醸し出す、めまいのするようなライヴ感、 万華鏡を覗くような不思議感は、ダイナミックに変容しているインドの「今」でなければ描けなかっただろう。 大団円のエンディングダンスシーンを含め、最後までインドの懐の深さを体感できる、満足度100%のオススメ作品だ。

  最後に一点、もし本作がオスカー受賞作でなかったら、日本で大きい注目を集めたか どうか、あるいは公開されたかどうかさえ、懐疑的な印象も持った。 決して華がある作品という訳ではない、出演者にビッグネームのひとつもない、SFXもない、し かし、映画の楽しみが凝縮されたこの作品の冠無しでのヒットがあり得たか・・。 GW最終日のシネコン、満席のシアターでの鑑賞後、少し考えを巡らせながらの家路だった。

2009/5/6 TOHOシネマズ海老名にて

2009年5月26日 (火)

プレミアム付さがみはら商品券

 こんにちは、五月のさっぱりした風が気持ちいい相模原です。 

Premium
  政府の景気浮揚策、定額給付金の支給開始に合わせ、あちこちの自治体で、お得な商品券の販売をしているという話題がニュースで散見されますが、相模原市でも「プレミアム付さがみはら商品券」の販売が、6月1日より始まります。  

 風林堂も、取扱いをすることにし、少し前に登録の申し込みをしましたところ、昨日その告知ポスターが届きましたので、早速店頭に掲載しました。

 ちょうど10年前、やはり景気刺激策として「地域振興券」という金券があったのも思い出されます。

 消費者にとっては、手持ちのお金が僅かの手間で、10%増えるというありがたい施策なので、大いにご利用いただき、風林堂でのお買い物の際にも、ご利用頂きたいと思っております。 ご来店お待ちしておりますm(_ _)m

 

2009年5月23日 (土)

「相模経済新聞」に掲載されました

 去る5月20日発行、地元ローカル新聞「相模経済新聞」に、私と風林堂の取材記事をご掲載いただきました。 その名も「トップセールスに挑む」。 既に過去120回以上継続している連載コーナーです。 

Sagamieconomy1

 昨秋、相模原商工会議所の特集記事にご掲載いただいたのに引き続き、「ぷりんたぶるせんべい」の導入経緯、応用、仕事への意気込みなどをお書きいただきました。 取材に来られたのは、会議所の会報のときと同じ戸塚氏、今回も簡潔且つ、格調高い文章をお書きいただき、感激しました。 なにやら、自分のことではなく、どこかの有能な経営者のことを語った記事ような感じさえします。

Sagamieconomy2  一般誌と違い、どこでも目にすることができるという訳ではありませんが、ご一読いただければ幸いです。

 このブログをはじめ、ネットを含むIT技術の発達の恩恵を受け、私たち零細な事業者も、自分の持つ製品や技術力、仕事に取り組む熱意などを直接消費者や取引先にPR出来る時代になり、ビジネスのチャンスは飛躍的に拡大していると思います。 一方で、新聞・書籍のように紙に印刷され発行される旧来の媒体は、専門のノウハウを持ったプロ集団の目と手で作られているので、アマチュアレベルの情報発信とはひと味違う、完成された形態ですよね。 取材時のやり取りと、出来上がった紙面を比べて、今回は特にこんな思いを強く持ちました。 プロの書き手ってスゴイ!!

2009年5月16日 (土)

トレードマーク印刷でオリジナル煎餅を「ぷりんたぶるせんべい」白煎餅編

こんにちは、手焼きせんべい相模原風林堂店長 酒井です。 連休モードもすっかり抜けた感じの皐月中旬、相模原は一昨日あたりから急にひんやりしてきました。皆さんお住まいのところはいかがですか?
Katsu
  おせんべいに文字・イラスト・メッセージ・ロゴマーク何でもお望み通り印刷できる「ぷりんたぶるせんべい」。 お客様のご依頼により、今までとちょっと違う新しい味のおせんべいでお作りしたものを紹介します。

 卵白を泡立てたメレンゲに砂糖を加え。素焼きのおせんべいにコーティングすると真っ白で甘いおせんべいが出来ます。 今回は、これに太く力強い文字を印刷 強烈なコントラストでインパクトありますね。

 日曜日の朝、TVのニュースショーで、往年の名打者と名物監督が「あっぱれ!」「喝!」と、のたまい、現役選手達に叱咤激励を送っていますが、それとは関係ございません。念のため。

 今まで、おしょうゆ味のお煎餅にのみでご注文承っていましたが、これを機会にお砂糖せんべいも、ラインナップに加えてみよう思っています。

 ご結婚されるカップルの、ご披露宴でお見送り用プチギフトとして、スイートなおせんべいは向いているかも知れませんね。 近日、受注開始しますので、よろしくお願いいたします。


風林堂 手焼きせんべい風林堂のホームページはこちら おせんべいにオリジナルメッセージやイラストを印刷「ぷりんたぶるせんべい」の詳細はこちら 

2009年5月 9日 (土)

Have You Ever Seen The Rainbow? ◆ 虹を見たかい?

おはようございます。 連休後半から降り続いた雨もようやく上がり、青空の見られる相模原です。 

Photo

 昨日の夕刻、仕事で出かけた川崎市中原区武蔵小杉駅の近くで、久しぶりに虹を見ました。 道行く人が立ち止まり、東の空に向け携帯のカメラを向けているのを見て、何だろうと振り返ると、雲の空を背景に、鮮やかな虹。
路肩に車を止め、空の開けているところを探し撮影しました。 時刻によっては、半円の完全な形が見られたときもあったようですが、私が見られたのは、この写真の形。

 それでも、自然のつくる映像美には、小さな感動をもらえますね。

 この地域は、川崎市の新しい中心として、急速に発展しているとのこと。 高層の建物が次々建設されていますから、それに呼応するように、広く空の開けたところが、減ってきているのもちょっとした発見でした。 同じ神奈川県でも、風林堂の周りとはずいぶん違いますね。

BGMに、こんなのはいかが

2009年5月 3日 (日)

泳げよ鯉のぼり

 おはようございます。 ここまで好天に恵まれている今年の連休、カレンダー通りでも5連休の方が多いと思います。 不況対策の高速道路料金値下げなどで、全国的に人の行き来が活発になっているようですが、皆様はどんな計画をお立てでしょうか?Carp2

 今朝、相模原市ではこの連休中恒例になっているイベントのひとつ、「泳げ鯉のぼり相模川」の会場に行ってきました。 日中は渋滞になる会場周辺ですが、午前7時前の道路はまだ空いていて、約10分で到着。 広々とした河川敷には、既にバーべーキューのしつらえをされているグループも見受けられ、爽やかな皐月の空の下、お子さん達の気持ちよさそうな声も聞こえていました。

Carp3 肝心の鯉のぼりですが、この時間は残念ながらまだ無風で、薫風に泳ぐ鯉のぼり数千匹・・というよりは、虫干しか、洗濯干し風景のように情けなく垂れ下がっていて、ちょっとがっかり。 昨日は強い風が吹いていたので、見事に泳いでいたのではと思われますが、自然相手では仕方ありません。

 風林堂のお店は、今週も木曜日以外はお休みしないので、遠くにお出かけというわけには参りませんが、身の回りの出来事にも良い季節の香りを楽し要素が沢山あるようです。

フォトアルバム

検索

  • 検索

Powered by Six Apart

風林堂サイト

Facebook

Analytics

  • Analytics