« 2009年6月 | メイン | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月24日 (金)

更新について

 こんにちは。 梅雨明けしたはずなのに、はっきりしない雨模様の天気が続く相模原です。
中国地方では、豪雨の災害が伝えられ、実は「梅雨末期」だったといのが、ほんとの所ではないでしょうか?

 さて、今月に入り、このブログの更新がほとんど止まっております。 実は、先月中旬より、8月いっぱいまでの長きにわたり、「ぷりんたぶるせんべい」のまとまった受注を頂戴し、昼夜なくおせんべいの製造と、プリントに追われております。 その関係で、写真撮影したり、PCに向かって記事を書くという時間がほとんど取れなくなりました。

 せっかくご愛読いただいている皆様には申し訳ございませんが、近日中にご注文品の納品にめどが立ち、更新を再開できるようがんばって参りますので、今しばらくご容赦下さい。

 よろしくお願いいたします。

2009年7月 4日 (土)

休日のオーケストラ

 六月下旬の休日、久しぶりにオーケストラの生演奏を聴きに参りました。

 同行したのは、オダサガ商店街時代の友人で、今は東京在住、クラシック音楽にとても造詣の深い「K氏」です。Photo

 会場はおなじみ「グリーンホール相模大野」。 演奏者はロシア・ナショナル・フィルハーモニー交響楽団。 03年に設立という比較的新しいオケです。 独奏者には、ヴァイオリニストで、2007年第13回チャイコフスキー国際コンクール優勝の栄誉に輝いた神尾真由子さん。 演目はオールチャイコフスキープログラムで、「幻想序曲  ロメオとジュリエット」、「ヴァイオリンコンチェルト ニ長調」「シンフォニー#5 ホ短調」でした。 クラシックファンにはどれもおなじみの名曲揃いですね。
 
 前回、池袋でもチャイコフスキーを堪能しましたが、今回は作者母国のオーケストラでしたので、期待値は120%でした。  また、指揮者の
ウラディーミル・スピヴァコフは、元々ヴァイオリニストとして名高い方だそうで、神尾さんとは以前から共演されていることもあり、その完成度はかなりのもので、満席のお客様全員が満足されたのではないかと思います。 勿論私も大感動でした。 ブラヴォー!!

 そして、オマケとしてサービス満点だったのが、主プログラム終了後、バレエ曲を中心にアンコールを3曲も演奏してくれたことです。 チャイコフスキーの作品には、小曲で且つ名曲が多いので、オーケストラが数分で演奏できるものがたくさんあるのですね。 最後の「トレパーク」は、タンバリンが印象的に使われている曲なのですが、生演奏は初めて目にし、打楽器奏者のタンバリンプレイには驚かされました。

 半年前にチケットを入手し、長いこと待っていたコンサート、このままずっと曲が終わらずに聴き続けていたい・・と思うような充実したひとときでした。

フォトアルバム

検索

  • 検索

Powered by Six Apart

風林堂サイト

Facebook

Analytics

  • Analytics