« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

夏休みの小旅行「美濃」Ⅱ

おはようございます。手焼きせんべい風林堂酒井浩です。

8月も今日でおしまい。暑さはまだまだ続きそうな予想ですが、8月が終わると、何となく夏も終わったような気分になるから不思議です。 今日も、前回に続き「郡上八幡」寸景で、去りゆく夏の名残を味わってみたいと思います。お付き合いください。

郡上八幡旧庁舎記念館▲日が落ちると、吉田川の河原には燈が灯され、幻想的な演出です。
町の記念館として利用されている旧庁舎もライトアップされ雰囲気を盛り上げていました。
この日は満月で、空の月も夜景の演出に一花添えているようでした。

 

G7
▲旧盆の頃には、夜を徹して行われると聞いている郡上踊り、この日は一カ所だけで行われていました。夜の八時頃から出来はじめた踊りの輪は、時間の経過とともに次第に周辺の道路に広がり、老若男女混ざっての踊りの風景は、懐かしい日本の夏そのものでした。

郡上八幡夜景
▲街灯の灯る川沿いの道。風情がありますね。

G1
▲水も町郡上八幡には、町中のほとんどの通りに水が流れています。
さらさらと流れる澄んだ水を暮らしに取り入れているのでしょうか。

旅は更に続きます・・

2010年8月29日 (日)

夏休みの小旅行「美濃」

こんにちは。8月も最後の週末ですね。私の子供のころは、やり残した宿題の山に汗を拭き拭き取り組んでいた頃です。暑さの収まる気配はまだまだですが、夏の疲れが出てくるころですので、体調には気をつけたいですね。

風林堂では、先週の前半お休みを頂きましたので、小旅行に行って参りました。2ヵ月ほど前に手に入れた新しいカメラのデビューとなりましたので、撮り貯めた写真と共にその様子を紹介させていただきます。

今回訪れたのは、神奈川県から東名高速、東海北陸自動車道と乗り継いで走ること600km。長良川の上流の古都「郡上八幡」と、さらに北上した世界遺産の集落「白川郷」です。猛暑の今年にあっては、水の町郡上も、豪雪で名高い白川郷も、どちらも30℃を軽く超え、暑い中の旅でした。

郡上八幡1▲市内いたる処にある燈。黄昏時には風情があると思いますが、残念ながらその時間には撮影できませんでした。

郡上八幡2 ▲町屋づくりの古い町並み。軒先には郡上踊りの提灯に混じって半鐘が。

G8
▲町のはずれ、小さな山の上にある郡上城。眼下に見下ろす町はミニチュアのようでした。

G4
▲町の中心を流れる清流吉田川。橋からの飛び込みが有名です。

午前6時に相模原市を出発し、郡上八幡に着いたのはちょうどお昼頃。エアコンの効いた車内から出たときの町は、くらくらするほどの暑さでしたが、風情のある古い町並みに魅せられ、何時間も歩き回りました。

日本三大盆踊りと称される「郡上おどり」の風景と、翌日の写真は後日。

2010年8月23日 (月)

イタリアンレストラン「メルカート」さん

おはようございます。手焼きせんべい風林堂酒井浩です。

8月も後半になりましたが、相変わらずの暑さが続いています。今日は二十四節気「処暑」とのことですが、涼しさを実感できるのはもう少し先になりそうですね。

風林堂は明日から夏休みをいただきます。休業日は24日(火)~26日(木)。期間中はご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

さて、お休みを前に相模原のおいしいレストランを紹介します。4月伊勢丹相模原店「さがみはら自慢」でご一緒させていただいた、中央区にあるレストラン「トラットリア・メルカート」さんです。一月ほど前に初めてお邪魔し、ランチをいただきました。毎年開催されている、市民が投票で選ぶ「相模原お店大賞」昨年の受賞店です。

1▲5種が一皿に並べられた前菜。目にも楽しめます。
車でお邪魔していなければすぐにワインをオーダーしたいところです。

2
▲前菜その2、ライスコロッケ。中心にチーズが入って、ソースともよく合います。

7

▲ランチメニューですのでパスタと、ピザがメインです。
塩漬け缶詰めではない肉厚アンチョビが存在感あります。

5
▲デザートプレート。赤・緑・黄の取り合わせがきれい。この頃にはお腹も充実してきます。

6
▲オーナーの小川さんご夫妻。ご主人は道産子、奥様は地元ご出身。
若くして創業、子育てとお店を両立して頑張っていらっしゃいます。
フレンドリーな雰囲気と、シンプルで明るいインテリアは二人のお人柄のまま。 

この日は偶然にも、津久井の酒まんじゅう「泰平堂」オーナーご夫妻とも店内でばったり。暫し情報交換などもさせていただきました。 昼下がり、少し遅めのランチタイムに、ゆったり明るいお店の雰囲気と、心づくしのおもてなしをいただき、お腹も心も満腹、充実した休日でした。お店のイチオシ「ダブルたまごのさがみカルボナーラ」は、次回是非いただこうと思っています。

トラットリア・メルカート
相模原市 中央5-1-2 ベルドールコート1F-A 042-776-0034 【グルメGyao】のページ

 

2010年8月21日 (土)

祈健闘!東海大相模高校

おはようございます。

 夏の高校野球甲子園大会も本日が最終日。神奈川県の代表で、地元の東海大相模高校が、ついに決勝戦まで勝ち進みました。同校はジャイアンツの原監督の母校として有名ですが、夏の大会で優勝したのは70年といいますから原監督が現役高校生のころよりずっと前、今回の決勝進出はそれ以来40年ぶりとのことです。

 連日の猛暑の中、全力を尽くして戦っている球児達、最後まで試合をする両校の健闘を祈ります。そして、できれば相模原市の政令市移行という記念の年に、全国優勝を勝ち取ってもらいたいと願うところです。

 祈健闘!東海大相模高校 baseball

2010年8月10日 (火)

相模原の帰省お土産

 おはようございます。手焼きせんべい風林堂酒井浩です。

 長く続いた猛暑も一段落したような相模原です。そろそろ夏休みに入られる方も多いのではないでしょうか。そんな時期、お休みを利用してふるさとにお帰りになる皆様に、おみやげ好適品の相模原オリジナルおせんべいを紹介いたします。

さがみ八撰
 まずは風林堂の一番人気、さがみ八撰の和紙巾着袋入りです。八種類のおせんべい・あられ・おかきを一袋に詰め、それを7袋かわいい巾着袋に詰め合わせました。定価815円、ご親戚が多くたくさんのお土産が必要な方のお財布にも優しい価格です。

草紙
 続きましては、やはり人気おせんべい詰合わせ「相模原草紙」です。風林堂得意のイラスト入りおせんべいが2種類。相模原の代表的民話のヒーローとヒロイン、でいらぼっち&照手姫を描きました。定価は1260円。胡麻・海老・砂糖・焼きのりとバリエーションも豊か、ギフトは箱入りが一番という方にはオススメです。

相模原乃手焼きせんべい
 そして最後は今年の春からお目見えしたその名もズバリ「相模原乃手焼き煎せんべい」。八種類の大きめ手焼き煎餅を、気取らない詰合わせにしました。ご覧の詰合わせで500円。お買い得です。

いかがでしょうか?お車で帰省される方には、暑いトランクに一日くらい置きっぱなしにしても平気なおせんべいは最適と思います。今年のお土産候補に加えていただければ幸いです。

そして、まだ継続中、宅急便送料半額サービス!! 電車や飛行機をご利用の方にも大変お得です。

 
北海道
北東北
南東北
信越
関東
東海
通常送料
1060
740
740
640
640
640
割引送料
530
370
370
320
320
320
 
北陸
関西
中国
四国
九州
沖縄
通常送料
640
740
850
950
1060
1160
割引送料
320
370
425
475
530
580

 これからお土産選びをされる方、是非一度お立ち寄り下さい。

さがみ八撰のお求めと詳細はこちら
http://www.furindoh.co.jp/hassen/sagami_hassen_index.htm

相模原草紙のお求めと詳細はこちら
http://www.furindoh.co.jp/catalog2/gift/sousi_buy.html

フォトアルバム

検索

  • 検索

Powered by Six Apart

風林堂サイト

Facebook

Analytics

  • Analytics