« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

新規商談

一週間ほど前のこと、地元神奈川県を中心に店舗展開する中堅のコンビニチェーン店より、商談をいただきました。地元立地の店舗を中心に、弊社 のおせんべいを取り扱いたいというご意向のようです。コンビニ業界はかなり激烈な生き残り競争のだだ中にいるのは外野としても予想はつくのですが、その チェーン店は「いいきぶ~ん」や「あなたとコンビニ」「まちのほっとステーション」でおなじみの最大手の攻勢の前に苦戦を強いられ、打開策を模索する中、地元の特色を生かした商品 を扱うことで、大手との差別化を図りたいというご意向のようです。さて、では風林堂の商品がその戦略にマッチするのか。専門店の商品がコンビニの顧客層に対してどれくらい訴求できるのか。自社の供給能力との兼ね合いはなど、現段階ではいろいろ疑問も多く、すぐさま「よろしくお願いいたします。」とは言い難い状況ではあります。
ただ、そういった商談が舞い込む背景には、細々ながら続けている情報発信や、役所や公共機関、アンテナショップ等信用有る販売先との取引きなどがあったか らではないかと推測し、自分の経営スタイルが間違っていなかったと、少しだけ嬉しくなったりもするのであります。3月をめどにまとめたいというご意向なの で、間もなく結論に至ると思います。経過は後日。

2014年1月25日 (土)

災い転じて

Photo本格的にWebでの集客を始めて5年以上が経過しました。この間、お客様のご希望で作るオーダーメード「ぷりんたぶるせんべい」を中心に、毎日色々なご要望や、ご注文を頂いています。

その中には、企業からのまとまったオーダーも多く、オフィシャルなトレードマークやロゴを使い、式典やキャンペーン用途など、大切なイベントへのノベルティとしてご利用いただくケースもあり、作り手としては緊張もすることがあります。

一昨日納品した大きなオーダーも、そんな用途で、およそ1ヵ月半あまりの打ち合わせを重ね、注意深く対応して参りましたが、最後の最後、配達指定日を間違えるという大きなミスをしてしまいました。ご注文主は、外資系のファンド運用会社。届け先は都市銀行の、大都市圏を中心にした支店宛という、かなり堅いと予想される取引きです。間違いに気づいたときに、真っ青になったのは申すまでもございません。

商品の性格上、商談中のやり取りはほぼEメールで行うことにしていますが、理由は、細部の打ち合わせ内容を、後で確認できるようにしたいからです。ある程度大きな企業であれば、それを更に進めて、ナレッジマネジメントなどと呼ばれる、ビジネスの進捗状況を複数社員間で共有し、仕事の効率化に生かしているところも多いのではないかと思います。

風林堂のような零細企業では、そのようなシステマチックな対応が出来ないので、担当が一元管理し、何重にもチェックをすることで、ミスを無くすようにしていますが、やはり人間のすることに100%は無く、ケアレスミスによる事故が希に起きてしまいます。今回はそれが如実に表れた事例で、ほとんどのやり取りを記録に残しながら、肝心の納期変更についての打ち合わせを電話で行い、すぐに記録に残したり、確認を怠ったため、どこかで間違いが生じ、一日ずれてしまうと言う結果になりました。

出荷報告をした時点で間違いに気づき、どうしても一日前倒しの配達に変更して欲しいというご希望に応じて対応することにしましたが、結果としては、全50件の宛先のうち、33件を当日配送に変更し、残りは出荷時の指定どおり、翌日の午前に配達という結果となりました。一日早く出荷したのも功を奏した形ではあります。

風林堂ではほぼすべての荷物を、国内最大手ヤマト運輸の宅急便に依頼していますが、その理由は、配送への信頼感が抜群だということです。ほぼ時間どおりに間違いなく配送され、扱いも丁寧。割れやすいおせんべいなのに壊れたというクレームは滅多にありません。そして最近では、ITのフル活用で、荷物の所在確認や配達時間の変更などにもきめ細かく対応してくれて、エンドユーザーの視点に立ったサービスの提供は、さすが日本企業のトップだなと感心するばかりです。

今回も、その恩恵に浴する形でどうにか事なきを得たのですが、配達時間変更依頼を16時に出して、その7割近くが対応されました。配送先が銀行なので、18時以降は受け取り出来ないとか、電話が録音対応になり連絡が取れないとか、こちらの希望に添えない場合にはドライバーや担当営業所からきっちり連絡が入り、その対応にはこちらが恐縮するほどです。

実は私がこんな対応をして、半パニックに陥っていたのは弊社の定休日の午後で、そのせいで予定していた私用をすべてキャンセルせざるを得なかったのですが、こうしたやりとりを経て、ご依頼主にもある程度の満足をいただき、風林堂の信用を落さず済みました。トラブルを未然に防げればそれがベストですが、起きてしまったミスをリカバリーすることでそれまで以上の信用を得ることができるというのは、ビジネスの場面でよく言われることです。後の経緯からは、「災い転じて・・・」という感触も得られましたので、今は胸をなで下ろしながら、今後の教訓として重く受け止めているところです。そして、宅急便のシステムと現場の皆さんには、感謝!の一言です。

2014年1月13日 (月)

輝け!2013年My鑑賞映画作品最優秀賞発表。

2013年はおかげさまで仕事が忙しく、お休み返上の日も多かった一年でした。故に、劇場に足を運ぶ回数が例年より少なく、鑑賞本数が31本という結果でした。是非と願いながら、見逃したものも多いのですが、後日ビデオ鑑賞ということ少ない私としては、作品に接する機会が失われてしまう可能性も大なので、同好の友人などにプッシュしてもらわないといけません。

さて、今年も少ない中からマイベストを勝手にセレクトしてみました。実は、ものすごい名画と思えたり、一生の宝と言えるような作品には巡り会わなかった一年なので、どちらかというと渋々とか、苦し紛れとかいう形容の似合うセレクトになってしまったのがやや残念です。今年に期待!

Photo● 金賞  ムーンライズ・キングダム =独特の世界を紡ぐ作家の作品 ほのぼの感がグー=

● 銀賞 イノセント・ガーデン =韓国人監督ハリウッド進出作オリジナルテイストのサスペンス=

● 銅賞 ペーパーボーイ 真夏の引力 =ちょっとエロチックで社会問題も少し=

● エンタメ賞  パシフィック・リム =痛快無比の怪獣映画=

● アクション賞  アイアンマン3 =大ヒットシリーズ、主人公のキャラが大好き=

● SF賞 LOOPER/ルーパー =タイムリープものとしてはかなりの良作=

● 次点 セブン・サイコパス 悪の法則 =どちらも犯罪ものですが、予想を覆す内容で面白かった!=


LOOPER/ルーパー (アメリカ)
人生、ブラボー! (カナダ)
東ベルリンから来た女 (ドイツ)
ムーンライズ・キングダム (アメリカ)
愛、アムール(オーストリア フランスドイツ) (オーストリア フランスドイツ)
ザ・マスター (アメリカ)
死霊のはらわた (アメリカ)
君と歩く世界 (フランス・ベルギー)
天使の分け前 (イギリス)
アイアンマン3 (アメリカ)
L.A.ギャング ストーリー (アメリカ)
モネ・ゲーム (イギリス アメリカ)
ポゼッション (アメリカ)
オブリビオン (アメリカ)
イノセント・ガーデン (イギリス アメリカ)
欲望のバージニア (アメリカ)
25年目の弦楽四重奏 (アメリカ)
飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲 (アメリカ)
ペーパーボーイ 真夏の引力 (アメリカ)
パシフィック・リム (アメリカ)
ホワイトハウス・ダウン (アメリカ)
マン・オブ・スティール (アメリカ)
オン・ザ・ロード (ブラジル フランス イギリス アメリカ)
大統領の料理人 (フランス)
エリジウム (アメリカ)
凶悪 (日本)
ランナウェイ 逃亡者 (アメリカ)
トランス (イギリス)
死霊館 (アメリカ)
セブン・サイコパス (イギリス)
キャリー (アメリカ)
悪の法則 (アメリカ イギリス)

2014年1月 4日 (土)

35年目の同窓会

昨秋、出身高校の同窓会が開かれるという案内が届きました。卒業してから35年の歳月が流れ、子供は勿論、孫がいる人もいる歳になりましたので、懐かしい顔に会いたくなり、正月の3日、故郷の清水(現静岡市清水区)の会場を訪れました。

年賀状のやり取り程度をしている友人も、何人かはいますが、ほとんどが卒業以来初めて再会する人たちばかりなので、少し緊張感もありましたが、そんな気持ちは会場に入ってすぐに吹き飛び、すぐに昔話に花が咲いたのは申すまでもありません。

互いの近況を報告し合ったり、その日出席出来なかった、他の仲間の消息を教え合ったりと、良くあるパターンの経緯ではありますが、とても楽しいひとときでした。

仕事柄、年末年始はとても忙しいので、この時期に遠方へ赴くのは今まで躊躇していましたが、昨春、近くに高速道路のインターチェンジが完成し、隣県へのアクセスが格段に良くなったことが、気持ちの後押しをしてくれたというのもあります。時間距離の短縮は、心理的な壁を除いてくれるという証明かもしれません。

出かける日の朝早起きして、昔のアルバムを開き、当時撮ったスナップ写真をデジタルにし端末に入れて持参しました。35年前の少年少女の顔の友人達がそこにはいますから、思惑通りみんなにとても喜んでもらえたのが嬉しかったです。

連絡先を教え合ったりして、これから交流が復活するかもしれず、楽しみが増えた新春の宵でした。

35年前卒業式の日に教室で撮ったスナップ

36

昨日のスナップ

41

2014年1月 1日 (水)

賀詞

2014

フォトアルバム

検索

  • 検索

Powered by Six Apart

風林堂サイト

Facebook

Analytics

  • Analytics