相模原 Feed

2017年11月19日 (日)

さがみはら推しミヤゲ7

1ヵ月半余りの期間、相模原市内で開催されていた、さがみはらスイーツフェスティバル。今年の企画は、「あなたが推す、市内のおみやげを選んでください」という人気投票でした。市内に数ある銘菓のなかで、スリーエフ相模原富士見町店のオーナー社長渡辺さんが企画し、地元JリーグチームSC相模原と、風林堂の三者がコラボした商品「SC相模原せんべい」が、見事入賞することができました。おまけに商連かながわの特別賞まで受賞。推薦してくださった皆さん。取り分け、チームサポーターの皆さんには、大感謝です。これからも、おしいいおせんべいを作って参りますので、よろしくお願いいたします。イベントの概要は→http://www.sagamihara-sweets.com/

Dsc_1099_1●市役所庁舎前、特設会場で開かれた表彰式。商連かながわの特別賞贈呈の様子。渡辺オーナーと、駆けつけてくれた、チームマスコット”ガミティ”が、賞状を受け取っています。

Dsc_1101 ●いただいた表彰状。スリーエフ相模原富士見町店に掲げられています。

Dsc_1092 ●当日は、受賞商品の即売会も開かれ、多くのご来客をいただきました。

Photo_3 ●イベントに来てくれた、マスコットガミティ。この日、あらたにラインナップに加わった、イラストを印刷したおせんべいを持って、記念撮影。


●手焼きせんべい風林堂のオフィシャルホームページ
●日々おせんべい造りについて書いているブログおせんべい日記
おせんべいに印刷「ぷりんたぶるせんべい」へのご注文お問い合わせ先

 

 

2017年7月10日 (月)

地元新聞の記事より

購読している地元の経済誌に、気になる記事を見つけました。金融機関系のリサーチ会社による調査で、地元相模原市民の「居住地に対する『誇り』『愛着』」が、低いという結果が出たというものです。

調査の内容、結果は、記載の記事をご覧いただくとして、調査した対象地域の中で、最下位という結果には、ちょっと衝撃を受けました。確かに相模原市は、戦後急速に発展した地域で、都市として若く、歴史的な特色の乏しい地域ですので、全国にアピールできる点が少ないというのは、地域の皆さんが共有している認識だと思います。都会でもなく、田舎でもなく、何となくはっきりしない立ち位置という感じが、そのような結果に結びついているのかもしれません。

Photo

私も、新商品開発をする際、ナショナルブランドの商品群と差別化を図るため、地域の特色を生かしたものにしたいという思いはありますが、取り入れたくなる訴求力の高いモチーフが少なく、役所や商工会議所に相談しても、なかなか良い考えが得られないという状況ですので、根っこで繋がってるのかもしれませんね。

そういった状況でも、地元には、男女のプロサッカーチーム、強いラグビーチーム、アメフトチームなどがありますし、地元企業、市民の応援熱もなかなかのものです。また、近年ニュースを賑わすことも多いJAXAも、地元に残ることが決まりました。 歴史が浅いという弱点を補うため、こういった新しいコンテンツを育てて、新しい相模原市のイメージアップが図られれば、次の調査のときには、汚名挽回に繋がるのではないかと、期待しています。

風林堂も微力ながら、サポート出来たらと思います。

Photo 市が作っているPRフライヤー。地元愛を喚起する一助になれば良いですね。


●手焼きせんべい風林堂のオフィシャルホームページ
●日々おせんべい造りについて書いているブログおせんべい日記
おせんべいに印刷「ぷりんたぶるせんべい」へのご注文お問い合わせ先

2016年4月19日 (火)

SC相模原のおせんべい

風林堂は、地元のスポーツチームを応援しています。アンテナショップ「sagamix」の出店者交流会で、チームスタッフと知り合ったのがきっかけです。特に、三菱重工相模原ラグビー部ダイナボアーズと、J3のプロサッカーチーム、SC相模原とは、いろいろ交流を頂戴しております。(私が、もともとサッカー、ラグビー観戦が好きだったというのも大きいですね)

今回は、そのひとつ、SC相模原のチーム名を入れたおせんべいを作ることになり、一月ほど前から準備を進めておりましたが、このほど完成し、販売を開始することになりました。

Sc_web

ことの発端は、チームのエンブレムを配したクラフトビールを開発、販売している、地元コンビニ、スリーエフ富士見町店のオーナー社長からのオファーでした。ビールとセットで売れる商品を探していて、風林堂にたどり着いたとのお話です。

その後、チームスタッフを交えての打ち合わせを経て、今回めでたく商品化と相成りました。今週末のホームゲームより、スタジアムで販売されます。チームサポーターの皆様、是非お買い求めください。(ちなみに、今回組んだ、スリーエフの渡辺社長は、元もと筋金入りのサポーターです。お店にいらっしゃると一目瞭然です。)場所はこちら。


手焼きせんべい風林堂のオフィシャルホームページ
●日々おせんべい造りについて書いているブログおせんべい日記
おせんべいに印刷「ぷりんたぶるせんべい」へのご注文お問い合わせ先

2015年12月 6日 (日)

地元チームを応援2

先月末のラグビー観戦に引き続いて、昨日は女子サッカーチームの応援に行って参りました。

なでしこリーグ2部に所属する「ノジマステラ」。チームは、シーズンを終え2部リーグの2位となり、1部との入れ替え戦です。相手は、元代表選手も所属する、大阪高槻。試合会場は、前回同様徒歩圏にある、麻溝競技場(ギオンスタジアム)です。

1_2

ホーム&アウェイの2試合の初戦。結果で一部への昇格ができるとあり、注目の1戦。多くの観客や、サポーターが来ていました。女子サッカーの試合を生で見るのは初めてでしたが、選手の声も聞き取れる間近での観戦は、やはり良いものですね。

2

試合は、前半終了して2対0と劣勢でしたが、後半20分過ぎに1点を返し、終了間際アディショナルタイムに同点に追いつくというエキサイティングな結果で、引き分けとなりました。次節に期待です。

近所に、スポーツイベントの中心となるスタジアムがあって、応援できる地元チームがある喜びを満喫した一日となりました。

2015年11月29日 (日)

地元チームを応援

風林堂のある神奈川県相模原市には、地元をホームにするプロや、社会人の強豪チームがいくつかあります。三菱重工相模原ラグビー部ダイナボアーズもその一つ。今年は、ラグビーW杯が開催され、ラグビーが大注目されましたが、ジャパンの中心選手達が多く所属している、頂点トップリーグの一つ下のカテゴリー、トップイーストリーグに所属し、毎年上位の成績を上げ、上への昇格を狙う位置にいます。

今年もシーズン後半まで全勝の大活躍で、トップチャレンジに進むことは間違いないでしょう。

そんな時期、チームからマスコットキャラクター入りのおせんべいを注文いただきました。納品場所となるスタジアムが、普段の散歩コースにある近さなので、納品後に試合観戦と、応援に行って参りました。

Db1

Db4

Db2

鍛え上げられた選手達がぶつかり合うのを、間近で見られるのは大迫力です。試合は、終始ダイナボアーズが主導権を握り、相手を1トライに抑えて圧勝。次の最終戦で全勝同士の釜石と、優勝をかけて戦うことになりました。

全勝優勝を目指して、ガンバレダイナボアーズ!

2015年11月 4日 (水)

今年も夢っこ達が来ました

風林堂が当地に開店して間もなくから、ご縁があって交流させていただいている、近所の公立小学校「夢の丘小学校」。今年も、仕事体験の子供達がやってきました。

昨年は、実施日が定休日と重なったため、2年ぶりです。今年は、女の子3名。とても元気で、賑やかに仕事をしていってくれました。お昼休みの間にも、お手伝いをしてくれて、とても助かりました。普段の授業と全く違う経験を、楽しんでくれたようでよかったと思います。

通学で毎日店の前を通るらしいので、時々元気な顔を見せてくれれば嬉しいですね。

2015

2015年6月 6日 (土)

いろいろ助けてもらっています

小規模企業を経営していると、目の前にある日々の業務に追われがちで、未来への視線や、長い目で捉えた計画がおろそかになりやすいというマイナス点に、焦りを感じることが多いです。昭和の高度成長期に起った流通の近代化、その後のIT革命や、グローバル化の影響は、消費の現場状況を一変させました。市場にモノは溢れ、消費者のニーズやウォンツは多様化、高度化している現代、どうしたら生き残って行けるかを考えざるを得ませんが、正解にたどり着くのは、容易ではありません。

そんな悩みに応えてくれるのが、写真のような会報を届けてくれる機関です。地元相模原市の商工会議所とKIP「神奈川産業振興センター」。どちらも、経営にまつわる問題点へのサポートをほぼ網羅していて、これから新たに起業しようという人への支援も手厚いです。

Photo

私が利用させてもらうことの多い制度が、コンサルティングの派遣補助や、各種補助金申請などのサポートです。また、過去には、政策金融公庫より、運転資金の融資を受けたこともあり、その際には、地元会議所の経営指導が必須となっておりました。

こういった制度は、活用するとしないでは、長い年月において大きな差が生まれますので、普段あまり意識したことのないとおっしゃる、小規模企業経営者の皆様も、一度お調べになるとよいのではないでしょうか。

商工会議所といえば、最近もちょっとした相談事を持って訪問したところ、15年来お付き合いいただいている所員の皆さんの席が、各部署の一番上席になっていたのに驚き、ときの流れを実感したのであります。所員の皆さん、これからもよろしくお願いいたします。

2014年11月12日 (水)

地元クラブのおせんべい

風林堂の工場店舗が現在の場所に移転して、10年が経ちました。以前の店舗のみの時期と併せると、20年以上。この間、地元の皆様とは、様々な交流をさせていただいて来ましたが、昨年春にオープンした、相模原市のアンテナショップの、設立準備とその後の取引き開始を期に、更にその傾向が高まっております。

今回ご注文くださった、地元のラグビーチーム三菱重工相模原ダイナボアーズもそのひとつ。今春の、アンテナショップsagamix出店者交流会で、チームのご担当者とお会いし、今回市民デーイベント用にと、ご注文いただきました。

ダイナボアーズは、東日本トップイーストDiv.1で常に上位の成績を収める強豪で、トップリーグへの昇格を目指すポジションにいます。昨年はリーグ優勝したものの、昇格を目指したひとつ上の対戦で惜しくも敗れ、涙を飲みました。今年は、その悔しさをバネに、現在リーグ全勝を続けています。

このようなご縁を大切にし、風林堂としても、微力ながらチームのサポートができたら良いなと考えています。ガンバレダイナボアーズ!

Photo_2
0120◆手焼きせんべい風林堂のホームページはこちら
◆おせんべいにオリジナルメッセージやイラストを印刷、
オーダーメード「ぷりんたぶるせんべい」の詳細はこちら

2013年10月15日 (火)

相模原、新磯のざる菊

毎月15日に届く、南区の広報にトップ記事に、地元新磯地区の「ざる菊」が取り上げられていました。 平成21年より、地元の観光資源作りの一環として発足した「新磯ざる菊愛好会」の皆さんが、丹誠込めて育てている小菊です。間もなく見頃を迎え、私たちの目を楽しませてくれることでしょう。

Photo_2

風林堂では、同地区有志の皆さんより依頼を受け、「ざる菊」にちなんだおせんべいを作っています。これからのシーズンには、会場にいらしたお客様の土産品としての需要が期待されます。

12_2

2013年7月22日 (月)

はやぶさせんべいの舞台

2010年6月、60億キロの旅を終えて、みごと帰還した小惑星探査機「はやぶさ」。地元相模原市にJAXAの研究所があることから企画販売を始めた「はやぶさせんべい」は、おかげさまで好評を頂戴し、息の長い商品になりつつあります。

そんな中、更にもう一カ所販路が増えました。JAXA研究所の真向かいにある、相模原市立博物館。ここのミュージアムショップで、取り扱っていただくことになりました。 今月下旬から、夏休み中をメインに、企画展示「はやぶさ2応援」イベントが開かれているので、タイミングもぴったりでした。

おかげさまで、陳列いただいてすぐに反響があり、連日納品が続いております。ここは3年前、帰還したはやぶさのカプセルを一般公開したときの思い出の場所。あのときのような熱狂はありませんけれど、少し沈滞気味だった日本人の心に、勇気をくれた出来事として、多くの方々の記憶に残っていると思います。

来年打ち上げ予定の「はやぶさ2」の応援も兼ね、ご来場の皆様のご期待に応えられるよう頑張って参ります。Photo

フォトアルバム

検索

  • 検索

Powered by Six Apart

風林堂サイト

Facebook

Analytics

  • Analytics