相模原 Feed

2014年11月12日 (水)

地元クラブのおせんべい

風林堂の工場店舗が現在の場所に移転して、10年が経ちました。以前の店舗のみの時期と併せると、20年以上。この間、地元の皆様とは、様々な交流をさせていただいて来ましたが、昨年春にオープンした、相模原市のアンテナショップの、設立準備とその後の取引き開始を期に、更にその傾向が高まっております。

今回ご注文くださった、地元のラグビーチーム三菱重工相模原ダイナボアーズもそのひとつ。今春の、アンテナショップsagamix出店者交流会で、チームのご担当者とお会いし、今回市民デーイベント用にと、ご注文いただきました。

ダイナボアーズは、東日本トップイーストDiv.1で常に上位の成績を収める強豪で、トップリーグへの昇格を目指すポジションにいます。昨年はリーグ優勝したものの、昇格を目指したひとつ上の対戦で惜しくも敗れ、涙を飲みました。今年は、その悔しさをバネに、現在リーグ全勝を続けています。

このようなご縁を大切にし、風林堂としても、微力ながらチームのサポートができたら良いなと考えています。ガンバレダイナボアーズ!

Photo_2
0120◆手焼きせんべい風林堂のホームページはこちら
◆おせんべいにオリジナルメッセージやイラストを印刷、
オーダーメード「ぷりんたぶるせんべい」の詳細はこちら

2013年10月15日 (火)

相模原、新磯のざる菊

毎月15日に届く、南区の広報にトップ記事に、地元新磯地区の「ざる菊」が取り上げられていました。 平成21年より、地元の観光資源作りの一環として発足した「新磯ざる菊愛好会」の皆さんが、丹誠込めて育てている小菊です。間もなく見頃を迎え、私たちの目を楽しませてくれることでしょう。

Photo_2

風林堂では、同地区有志の皆さんより依頼を受け、「ざる菊」にちなんだおせんべいを作っています。これからのシーズンには、会場にいらしたお客様の土産品としての需要が期待されます。

12_2

2013年7月22日 (月)

はやぶさせんべいの舞台

2010年6月、60億キロの旅を終えて、みごと帰還した小惑星探査機「はやぶさ」。地元相模原市にJAXAの研究所があることから企画販売を始めた「はやぶさせんべい」は、おかげさまで好評を頂戴し、息の長い商品になりつつあります。

そんな中、更にもう一カ所販路が増えました。JAXA研究所の真向かいにある、相模原市立博物館。ここのミュージアムショップで、取り扱っていただくことになりました。 今月下旬から、夏休み中をメインに、企画展示「はやぶさ2応援」イベントが開かれているので、タイミングもぴったりでした。

おかげさまで、陳列いただいてすぐに反響があり、連日納品が続いております。ここは3年前、帰還したはやぶさのカプセルを一般公開したときの思い出の場所。あのときのような熱狂はありませんけれど、少し沈滞気味だった日本人の心に、勇気をくれた出来事として、多くの方々の記憶に残っていると思います。

来年打ち上げ予定の「はやぶさ2」の応援も兼ね、ご来場の皆様のご期待に応えられるよう頑張って参ります。Photo

2013年4月15日 (月)

TV取材

先月、地元のターミナル駅近くにオープンした商業施設「ボーノ相模大野」。1ヶ月が過ぎてもまだ賑わいが続いているようです。
そして、その中にある、私たち市内の業者にも縁の深いアンテナショップ「sagamix」も、同じく好調な販売実績を上げているようです。
そんな状況を後押ししてくれるかのようなTV番組のオンエアがありました。毎週土曜日の昼間、日本テレビで放映している「メレンゲの気持ち」。土曜日がお休みでない私は見たことがなかったのですが、今回事前に取材の情報を聞いていたので、録画してみました。
私も面接に立ち会った女性スタッフが、リポーターのお笑いタレント石塚英彦さんと、なかなか上手なからみを見せてくれたので、お店の良いPRになったと思います。

サガミックスピザを召し上がった石塚さんからは、お決まりの「まいう~」も頂戴しましたよ(^^)


sagamixのHPはこちら

2013年3月26日 (火)

sagamixオープン3

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

桜が早満開。春爛漫の中オープンした相模原市のアンテナショップ「sagamix」昨日も商品の補充に行って参りましたが、おかげさまで多くのお客さまにご来店いただき、ご好評を頂いているようです。相模原の産品を列べたショップが、消費者のご支持をいただけるのだろうか?という、当初の懸念は、とりあえず一掃された感じです。供給者側が思っている以上に、地元の産品に対する潜在需要には高いものがあるという証明が出来ているようです。この調子で頑張り、お客様のご期待に更に応えられるよう、頑張って行きたいところです。

さて、そんなsagamixをご紹介する3回目です。

Open7

こちらは、地酒のコーナー。
相模原市には実はかなり伝統ある酒蔵があり、通の間では有名だそうです。
どちらも津久井地域にあり、「清酒相模灘」ブランドの久保田酒造さんは、
映画「八つ墓村」のロケをされたという江戸時代か残る建物も有名です。

Open11_2

こちらはイートインで召し上がっていただけるオリジナル食材のメニューです。
特に米粉ベースで作ったオリジナルピザと、地元野菜をふんだんに使った具だくさんスープ
同じく地元野菜ベースのスムージーなど、個性溢れる商品がたくさんあります。

Open12_2

sagamixは、シティセールスの拠点でもあります。
地元を紹介するデジタルサイネージと、紙のパンフレット類。
姉妹都市の銀河連邦のものも並んでいました。

Open8

もうすっかり相模原市の顔になったJAXA|宇宙航空研究開発機構のコーナー。
かっこいいロゴは、宇宙好き子供達の憧れでしょう。

Open10

そして、そのJAXAグッズに混ざって販売してもらっている、風林堂のはやぶさせんべい。
便乗と言われても結構(笑) とても人気だそうでありがたいです。


さて三度に渡って紹介して参りましたが、いかがだったでしょうか? 地元の方々は勿論、周辺にお住まいの皆様にも魅力的に映るようなお店では無いかと自負しております。
これから、多くの皆様にご意見を承りながら、更に成長していくことと思います。私もその一部に貢献できたらと願う、オープンニングでした。

2013年3月24日 (日)

sagamixオープン2

前回に続き、相模原市のアンテナショップsagamixの紹介を続けましょう。

Open4_2

毎日届く焼きたてパンのコーナー。

オギノパンの丹沢あんパンは目玉です。ほかにも天然酵母の手作りパン、
米粉を使ったベーグルなどもあり、毎日ほぼ完売しているようです。

Open6

パティシエが作る洋生スィーツもあります。
これからバリエーションが増えると良いですね。

Open5

デイリーといえばこちらも。
地元の手作りお弁当屋さんから毎日届くおにぎりと、超個性的な海苔巻き。
こちらも毎日夕方には完売状態とのこと。


どうです? すぐに食べたくなる品揃えでではないでしょうか?
千点を超える商品アイテムの中でも、やはり食品はメイン。お求めいただければすぐに反応が返ってくるだけに、業者としても頑張り甲斐がありそうです。

さらに次回には、違ったものをご覧いただきますね。お楽しみに。
sagamixのHPはこちら。

2013年2月25日 (月)

相模原のお店もうすぐ

3月、小田急線相模大野駅前に誕生する複合商業施設「bono相模大野」。その真ん中にできる、相模原市のアンテナショップ「sagamix」のオープンも間近となりました。

先日、市役所の担当者が、現場の進捗を見に行ってきたようで、その画像をもらいましたので公開いたします。

sagamix柱に掲げられているのが、sagamixのロゴとトレードマーク。


sagamix物販スペースの陳列棚はこんな感じ。なかなかセンス良いですね~。

sagamixここは生の食品を納める冷ショーケースだと思います。洋菓子などが入るのでしょう。

sagamix
Sagamixパース

最後に全体のイメージがご覧頂けるパースも今一度載せておきます。プレオープンまで2週間あまりと迫りました。期待も高まってきますね。

2013年1月18日 (金)

アンテナショップパース

今週初めの大雪から後は、比較的好天が続きますね。日差しは明るいですが、低温傾向なので日陰の雪がまだ溶けずに残っています。今日は今年一番の寒気到来とかで、冷え込んでいますから、残雪がまた凍るかも知れないですね。

来年3月、相模原市の最南端のターミナル駅、相模大野駅前に誕生する商業ビル「Bono相模大野」。その中に市のアンテナショップがオープンします。名称「Sagamix」は、市民の公募で選ばれました。

その店舗工事も着々と進み、昨日完成予想のパースが届きました。

Sagamixパース

30坪ほどの広いスペースに、市内の物産とシティーセールスのための情報発信コーナー、そしてオリジナル米粉ピザをメインにしたイートインコーナーが出来る予定です。

画像右下のコーナーに描いてくださったのは、どうやら風林堂の「さがみ八撰」と「さがみはら草紙」のようですね。ありがたいです(^^)

維持して行くにはいろいろ難問も多いと思いますが、是非成功させたいと思っているところです。

2012年12月 5日 (水)

相模原のお店のメニュー試作会。

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

冬にしては不安定な天候が続いています。本格的な冬には今一歩なのでしょうか?

地元相模原市の南端、小田急線相模大野駅近くに来春開業する商業ビル「Bono相模大野」。その中に入居する予定の、相模原アンテナショップ「sagamix」で販売予定のメニュー試食会が昨夜開かれました。今回はオープンでの開催ではなく、開業に関わる検討委員会活動の一環でした。

「sagamix」の周りはフードコートになる予定なので、居並ぶナショナルブランドのお店に対抗し、厳しい競争に勝ち残って行かねばなりません。プロのアドバイザーや検討委員、役所の商業担当者、そして経営主体の野村不動産のバックアップもいただき、ショップ内のイートインで提供する目玉として、地元の米粉を使ったオリジナルピザがメインメニューになることとなりました。

SAGAMIX役所の担当者が作ってくれたショップ告知のチラシ。
なかなかかわいく出来ていますね。

1

コンサルティング会社のメニュー開発担当が
実際に調理して提供してくれました。

2
市内にある青山学院大学の学生さんも飛び入り参加。
若い女性のご意見も大切ですね。

3
ピザ生地は、長く米粉ピザを作っているメーカーのものと
地元のレストランのシェフが試作したもの2種類を食べ比べました。
どちらが採用されるかこれから検討です。


オリジナリティーに溢れて、とてもおいしいピザが出来ました。早く市民の皆様に召し上がっていただきたいです。7大アレルゲンを排除したお子様向けメニューも出来ましたので、他のお店と差別化も図れるのではと期待されます。
そして来週には、マネージャー候補の面接も予定されていて、ぞくぞく集まっている物販用市内の産品の選定などと併せて、開業に向けイメージが固まって来ています。来年3月には素敵なお店として、市民の皆様にお目見えできることと思います。

2012年11月 8日 (木)

夢ッ子たちが今年も来ました

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。 朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。昨日は立冬でしたから、暦の進み具合に季節が追いつきそうな感じです。

昨日は、毎年恒例になっている、地元小学校生徒さん達の仕事体験がありました。最初に来た子達は、そろそろ成人する時期ですから、年月の経つのは本当に早いとあらためて実感する行事でもあります。 今年は女の子三人男の子一人という組み合わせ、みんな元気にがんばってくれました。

1おせんべいに一枚一枚シール貼り。

3海苔を貼ったおせんべいを、きれいに並べてもらいました。
沢山出てくるので、焦っちゃうね。

5たまにはつまみ食いも・・。乾く前のおせんべいは初めてでしょう。

4
めっちゃ楽しい!といいながら海苔貼りしてくれました。

2
おまちかね、お弁当タイム。
おせんべいをつまみ食いし過ぎても、おかあさんの作ってくれたお弁当は
入る場所が別なんだね。

2012
最後にお店で記念撮影。
それぞれの名前を入れたおせんべいをおみやげにあげました。


毎年のことですが、元気な子供達の笑顔に合うと、私たちもでっかいパワーをもらえます。子供達にとっても、普段は意識しない大人の仕事に触れることで、ご両親への感謝や敬意に少しでも繋がってくれれば嬉しいですね。

このとき撮った写真をあげる約束をしたので、代表の子が近々取りに来てくれるようです。学校からくれるかしこまった感想文の他にも、素直な感想が聞けるかもしれないと楽しみです。

フォトアルバム

検索

  • 検索

Powered by Six Apart

風林堂サイト

Facebook

Analytics

  • Analytics

手焼きせんべい処相模原風林堂のおせんべい日記