写真作品 Feed

2014年9月29日 (月)

夏休み3

もう少し写真作品を公開いたします。

Photo
OLIMPUS E-PL1 ZUIKO DIGITALED 50mm F2.0 Macro
彦根城の天守に上る広い石段。往時の栄華を偲ばせる立派な城郭でした。

2
OLIMPUS E-PL1 ED14-42mm
近江八幡に近い五個荘。豪商の屋敷が一般公開され、中を見ることができました。商家の作りは意外に質素で、「始末」の心がけが生活のスタイルにも滲んでいました。写真は台所にあった旧い炊事道具。露出に凝ってみました。

Photo_2
OLIMPUS E-PL1 ED40-150mm
昨秋訪れた、近江八幡の八幡堀に再度。他の木々より少し早めに葉を落し始めた桜の黄葉が、青空を映す水面にアクセントを加えていました。


駆け足で巡った滋賀琵琶湖畔の町。シーズンオフの旅は、心静かな時間を楽しむには最適です。


2014年9月17日 (水)

夏休み2

夏休みのことを書こうと思っているうちに、すっかり秋めいてきてしまいました。今年は残暑を感じることなく、一気に季節が進むようです。ということで、取り急ぎ旅先で取った写真などを公開したいと思います。

Photo
OLIMPUS E-PL1 ED14-42mm
初日は長浜へ。あいにくの雨でしたが、観光名所となっている
「黒壁スクエアー」は昔のアーケードが残ったショッピング街。
濡れずに楽しむことができました。

Photo_2
OLIMPUS E-PL1 ZUIKO DIGITALED 50mm F2.0 Macro
カフェの屋外テラスは、小雨で人影無く、椅子だけが鮮やかでした。

Photo_3OLIMPUS E-PL1 ZUIKO DIGITALED 50mm F2.0 Macro
アーケードの外れにあった箸屋。カラフルな色がオブジェのようでした。

2013年8月 2日 (金)

ヨコハマ夏写真2

前回に引き続いて、横浜夏風景を少しご紹介。横浜といえばやはり海。「みなとみらい」と名付けられ、どんどん発展する臨界地域は、訪れる度に景色が変わっています。

Photo_2

【石畳】 OLIMPUS E-PL1 ED14-42mm
赤レンガ倉庫前の石畳。逆光で光ってドラマチックになりました。

Photo_4



【シーバスにて】OLIMPUS E-PL1 ED14-42mm
帰り道は、赤レンガから横浜駅東口まで、海上をシーバスという客船で移動しました。

1_4


【夕景】OLIMPUS E-PL1 ED14-42mm
海上から見た、横浜駅近くに沈む夕日。


青い空と、頭の真上から射す強い太陽が、真夏のイメージですが、この日は午後から夕方にかけての散策と撮影。気持ちよい海風が、炎天下に歩き回って、熱くなった身体に心地よかったです。

2013年7月29日 (月)

ヨコハマ夏写真

今月初めのこと、久しぶりにヨコハマの港周辺に出向く機会がありました。夕方のオフ会と、昼間の映画鑑賞の間、真夏のみなとみらいを二時間ほど歩き回りました。

桜木町近くのシネコンから、新港の赤レンガ倉庫まで、およそ1.5kmほど。炎天下なのであまりゆっくりと言うわけにはいきませんでしたが、ちょこちょこっと撮った写真を披露します。

Photo
【ランドマークへ続く路】
OLIMPUS E-PL1 ED14-42mm

2
【赤レンガ1】
OLIMPUS E-PL1 ZUIKO DIGITALED 50mm F2.0 Macro

Photo_2

【海辺のベンチ】
OLIMPUS E-PL1 ZUIKO DIGITALED 50mm F2.0 Macro

Photo_4

【赤レンガ2】
OLIMPUS E-PL1 ED14-42mm


午後2時半から5時くらいまでの、陽がやや西に傾き始める頃。ほぼ逆光で撮っていますから、ややドラマチックすぎる感じもしますね。続きはまたの機会に。

2013年5月16日 (木)

路傍の花々

おはようございます。しばらく低温傾向だったのが、やっと本来の気候になってきた感じですね。そろそろ吹く風にも湿気が混ざって来たかなと感じます。おせんべい屋はそのあたりに敏感かも・・。

一週間前のお休みの日、空いた時間を使って自宅近所を被写体を求めて歩いてみました。2km程離れた場所に市営の競技場があり、その周りにタンポポが群生しているのを見つけて、それを撮ろうと思っていたのですが、その日は既に刈り取られていて、がっかり。替わりに、小川の縁に咲いていた春紫苑を中心に切り取ってみました。

Photo

【白詰草】

3

【春紫苑1】

Photo_2

【春紫苑2】

4_2

【春紫苑3】

Photo_3

【蒲公英の綿毛】

カメラとレンズはすべてOLIMPUS E-PL1 ZUIKO DIGITALED 50mm F2.0 Macroです。マイクロフォーサーズという小型カメラですが、単レンズの描写がなかなかの実力と思っています。

こんな見過ごしてしまいそうな場所にも、春らしさは沢山見つかるものですね。

2013年1月15日 (火)

雪の朝

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

成人の日の三連休は、大雪で締めくくられました。今朝は各所で影響が残っているようで、難儀されている方も多いと思います。気をつけて過ごしたいですね。

今朝仕事を終えた後の少しの時間、雪景色を見に行ってきました。

5

2

3
僅か15分程度でしたが、久しぶりに見た新雪には気持ちを洗われるような気もします。日が出て気温が上がり出しましたので、こんな景色がみられるのもあと少しでしょうか?

日常生活にはありがたくない降雪ですが、ちょっとだけ気持ちをゆったりさせてみるのも一興かもしれません。

2012年9月11日 (火)

夏休みの旅=会津3

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

九月も半ばに近づこうというのに、相変わらずの暑さですね。異常気象という言葉はあまり好きではないので使いたくないのですが、こういつまでも30℃越えが続くと、いささか愚痴も出て来そうです。

夏休みを過ごした福島会津の旅写真、今日が最終回です。宿場から蔵の街喜多方へ向かいました。

トンボ1【秋の使者】
一日目に泊まった民宿の女将さんに教えてもらって立ち寄った自然公園、
標高千メートルの高地には、もう赤とんぼが群れなしていました。

 

旧家2
【旧家のたたずまい】
蔵の街の名に恥じない、旧くて立派な建物が沢山ありました。
これは、醤油蔵の家屋。重厚そのものです。

酒蔵
【酒蔵の印象】
米処会津には、造り酒屋もたくさんありました。
観光資源として中を公開している蔵の中は、外より少しひんやりして
懐かしい気持ちになる演出がされていました。

器
【陶器】
焼き物の窯もあちこちにあります。
装飾がされる前、土のままの器にはシンプルな機能美が感じられます。

 


福島県内陸の大きな街、会津若松よりすこし離れ小さくて静かな街を尋ねた旅、旅館の主、地元商店の方、野菜の直売をされている農家の方など沢山の人とお話をしましたが、口を揃えておっしゃるのは「まだ、震災前には戻っていない」という言葉です。原発事故の風評被害で農産物は敬遠されがち、観光客もまだ50~60%くらいしか戻っていないなどの切実な思いを聞くと、胸が痛みました。今年はどうしても東北を旅したいと思っていたので、その願いは叶いました。短い休みなので、これ以上の遠くに行くのは難しいですが、次の機会にも是非という思いが一層強くなった旅でもあります。

2012年9月 6日 (木)

夏休みの旅=会津2

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

ここ2~3日が、この夏最後の暑さだそうですね。秋風が待ち遠しいです。前回に引き続き、旅先で撮った写真をご覧頂きたいと思います。

会津の街から少しはなれた旧街道沿いに残る宿場町がモチーフです。

おそばや
【旧街道の店】
会津若松から南に少し下った山間に、旧街道の宿場があります。
旧い建物が保存され、往年の様子が伺えるところです。

かやぶき屋根とススキ

【茅葺き屋根とススキ】
山間地は、もうススキの穂が見事でした。逆光に映えて美しいですね。

西日の射す宿場

【西日の当る家並み】
午後5時を回った頃、観光客の姿も消えて、
静かな家並みに当る西日が優しい色になってきました。


宿場

【宿場街の空】
谷筋に出来た街道は、空も山々に挟まれています。
軒先から見上げる空は、澄み渡っていました。


次回はもう一つの目的地、喜多方へ向かいたいと思います。

2012年9月 3日 (月)

夏休みの旅=会津

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

九月に入り、朝晩は少しだけ涼しくなってきたようで助かりますね。しかし、日中はまだまだ油断出来ません。故事の通りお彼岸頃までは辛抱でしょうか?

八月の最終週、遅い夏休みをいただき、二泊三日の旅をして参りました。今年は、東北に行こうと決めていたので、フットワークを重視、自家用車で行かれる範囲として福島県の会津を選びました。

実際に訪れてみると、被害のほとんど無かった会津でさえ、まだまだ観光の状況は震災以前に戻っていないとこのこと、厳しい様子がうかがえました。しかし、古い街並みやおいしい食べ物、出会った素朴な人々全てが気持ちよく、想い出に残る旅となりました。旅先で撮った写真をいくつか紹介させていただきます。

最初は会津若松のとなり駅「七日町」の古い街並みを尋ねました。

起き上がり小坊師
【街角のマスコット】
会津の名物「起き上がり小坊師」。

自転車のある風景

【自転車のある風景】
野口英世にちなんだレトロな演出がされた通り。
大正モダンをイメージしているようです。

蛇口

【旧い蛇口】
こんなのも、滅多に見かけなくなりましたね。
ラムネ瓶が冷やしておりました。

漆器

【漆器店にて】
会津は漆器の産地です。芸術品でない普段使いのものが多く
シンプルなデザインが多いように見受けられました。


次回に続きます。
フォトアルバム

検索

  • 検索

Powered by Six Apart

風林堂サイト

Facebook

Analytics

  • Analytics