« 日本酒の季節 | メイン | 夢の丘小学校のみんなと間もなく再会(その2) »

2007年11月26日 (月)

もるげんろーと

Photo 相模原も、ここ数日とても冷え込んできました。 風林堂の裏には黒土の畑があるので、毎朝白く霜が降りているのがしばしば見られるようになりました。 そして、寒さが厳しくなると空気が澄んでくるので、左の写真のような風景も見られるようになります。 

 「モルゲンロート」という言葉をご存じですか? 山に興味のある方にはおなじみだと思いますが、朝焼けに照らされ、山肌が赤く染まる現象、あるいは朝焼けのことをこう呼びます。たぶんドイツ語だと思いますが・・。 

 私は毎朝6時頃起床して、6時半過ぎに仕事場に入りますが、11月中旬には6時20分頃日の出を迎えますので、ほぼ私の活動開始時刻とお日様のお目見えが同じ時刻になります。 朝食を取り始めた頃窓から外を見ると、見渡す限りが赤く染まった写真のようなドラマチックな光景に出会うことがあります。 Photo_2

白い高い塔は、風林堂の目の前にある水道施設です。 その遙か向こうに見える山が「でいらぼっち」が富士山を背負ったまま腰掛けたと言われている大山(おおやま)です。

大山のクローズアップ。標高はほぼ1000m位だそうです。→

美しい夕焼けを目にすることは時々にありますが、朝焼けの情景もなかなかだと思いませんか?

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605393/31256967

もるげんろーとを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

検索

  • 検索

Powered by Six Apart

風林堂サイト

Facebook

Analytics

  • Analytics

手焼きせんべい処相模原風林堂のおせんべい日記