« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月25日 (水)

コペンハーゲンで震災復興支援チャリティーコンサート

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

とて爽やかな朝を迎えた相模原です。梅雨入り前ひとときの晴天、大切に過ごしたいですね。一昨日まで、6日間にわたって開かれた、伊勢丹相模原店での催事「相模原じまん」も無事終了しました。風林堂では昨年より多くのお買い上げを頂け、ありがたく感謝いたしております。とりわけ、3ヵ月前に始めたSNS「Facebook」で交流させていただいているお友達が、何人もご来店いただいたことは、驚きでありとても嬉しいことでした。ネットワークの交流がリアルに結びついた形です。

さて、今日の本題。そのFacebookで別の交流が進んでいる、ヨーロッパ在住のアーティストの皆様。東日本大震災被災地支援のチャリティーに取り組んでくださっています。風林堂にもオファーをいただき、義援せんべいをお届けいたしましたが、その販売機会でもあるチャリティーコンサートの様子が画像で届きましたので紹介させていただきます。

5月14日コペンハーゲンの教会にて

IMG_0165


IMG_0141
IMG_0151

1

コンサートの最期は合唱で締めくくられたそうです。

あと2回企画されているようなので、微力ながら支援を続けて参りたいと思っております。

2011年5月20日 (金)

相模原じまん催事今年も・・そして新製品発売

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

昨年、相模原市の政令指定都市移行を祝って、伊勢丹相模原店で開催された「相模原じまん」。今年は一月遅れの5月18日より再び開催されています。

昨年に引き続きの出店者、今年初めての方、合計22のお店が顔を揃えています。お近くの方は是非ご来場下さい。

相模原じまん1
相模原じまん3
そして今回風林堂では、この催事に合わせて新商品を発売しました。下の写真のようなハート型チョコレート掛けせんべいです。以前に試作中の写真をこのブログで公開しましたが、それが完成しました。
残念ながら催事終了後一週間ほどで製造販売を一時お休み、夏場はチョコレートが溶けやすいので、9月末頃から本格的にお目見えする予定です。この機会に是非お試し下さい。一袋に2個入り、168円で販売中です。

ハート


2011年5月10日 (火)

義援せんべい海を渡る

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

2ヵ月ほど前から始めたソーシャルネットワークサービスFacebook。各地にお住まいになる、年齢やお仕事、ご趣味などそれぞれ自分とは全く異なる環境にあるの皆様と交流がどんどん生まれ、とても楽しく利用しています。

その中で、スエーデン在住ピアニストの方とソーシャルフレンドとなり、何度かやり取りをさせていただきましたが、デンマークのコペンハーゲンで、今回の大震災被災地をサポートするチャリティコンサートを企画されていらっしゃることを知りました。さらに、そこで風林堂の「義援せんべい」販売のオファーをいただき、海外発送のノウハウなど全く持ち合わせていないことも忘れ、二つ返事で引き受けてしまいました。先進国向けとはいえ、海外発送にはいろいろクリアすべき条件があり、予想通り初めからつまずき、冷や汗をかいております。

その後、同じくソーシャルフレンドで上場企業の社長をなさっている方から、物流についてのご助力のお申し出を頂いたりして、大変ありがたく感謝いたしておりますが、今回は初の試みということで個人荷物として、郵便局の海外向け便を使っての出荷となりました。

さて、何とかおせんべいはコペンハーゲンまで渡り、今週末よりコンサートが開催される運びです。頂戴したパンフレットの写しには、風林堂のロゴもしっかり入れていただき、とても嬉しい出来事です。

1
2 3 ご覧のプログラムは デンマ-ク語で書かれていますので、内容はほぼ読み取れませんね(汗)以下ご参照。

【概要】------------------------------------------------------------------------------

第一部 佐野日本大使のご挨拶 デンマ-クの牧師代表でポ-ル氏ご挨拶 
デンマ-ク王立音楽院教授の平中弓弦氏パイプオルガンの演奏
ソーシャルフレンド市川さんとバイオリニストのWladyslaw氏による演奏などなど

休憩で 風林堂のおせんべいや プログラムの表紙デザインと同じ柄のT-シャツを販売する予定。
 
第2部 デンマ-クJazz界の大御所、平林牧子さんとアメリカ人のサキソフォ-ン奏者Bob氏による演奏
最後は デンマ-クの合唱団 カメラ-タによるアカペラコ-ラスです
最後は 出演者全員による演奏、合唱”Believe"。この歌は、日本で卒業式などによく歌われるステキな歌です。みなさん日本語で歌ってくださいます。今、練習中です。会場のみなさんにも 一緒に歌っていただく予定です。

市川様には、上記のようなご解説をいただきました。

--------------------------------------------------------------------------------------

裏表紙、下に風林堂のロゴを入れていただいたページには「震災の被害状況:死者、行方不明者、現在 非難所で生活されている方々の数」などがデンマーク語で書かれているとのことです。

国内では今でも被災地の状況は刻々伝えられますが、遠くヨーロッパでもこのような活動をされているのを拝見し、一日本人として、感謝の気持ちを抱きます。大成功をお祈りしたいと思います。

2011年5月 5日 (木)

オリジナルイラスト印刷で記念日を演出「ぷりんたぶるサブレ」

おはようございます。今日はこどもの日、ご家族で休日を過ごされる予定の方も多いでしょうね。

今日はいつものおせんべいと違うバージョンを紹介します。「ぷりんたぶるサブレ」つまり、印刷する素材を、風林堂のおせんべいではなく、洋焼き菓子のサブレに変えました。 と申しましても、風林堂ではオーブンは持っていないので、取引先洋菓子店のオーナーパティシエに代りに焼いてもらい、そこに印刷だけを施したのです。

サブレ
サブレというと、特に神奈川県内在住の方は、鎌倉土産の和風サブレを連想されることも多いかも知れませんが、今回焼いていただいたのは、洋菓子屋さんのサブレで、大きめのクッキーというほうがイメージに近いかもしれません。フレッシュバターをたっぷり使い、チーズやアーモンドプードルも配合、かなりしっとりした仕上がりです。

普段醤油の香りに満ちているおせんべい屋の工場も、この日はサブレの甘い香りに包まれました。八王子市の幼稚園から、園児さん達お誕生会向けのおやつとして定期的なご注文を頂いている中で、たまには違ったお菓子をという依頼を受け実現したものです。イラストは昨年卒園された園児さんのお母様で、プロのイラストレーターがお描きになったものです。とてもかわいい絵柄が綺麗に仕上がったと思います。

普段は印刷可能なサブレを常備しているわけではありませんから、今回はご紹介のみとさせていただきますが、いつか受注可能アイテムのバリエーションに加えられれば良いなとも思いました。


Logo手焼きせんべい風林堂のホームページはこちら おせんべいにオリジナルメッセージやイラストを印刷、オーダーメード「ぷりんたぶるせんべい」の詳細はこちら

フォトアルバム

検索

  • 検索

Powered by Six Apart

風林堂サイト

Facebook

Analytics

  • Analytics