« 夏休みの思い出(^^) | メイン | ちょこっとメディアに »

2013年9月 9日 (月)

祝2020東京オリンピック

Tokyo_olympic2020_kaisai

昨日の日曜日は早朝から嬉しいニュースが飛び込んできましたね。2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催が決まりました。決定の瞬間を伝える映像には、とても感動しました。開催国として、クリアしなければならない問題がたくさんあると思いますが、前回の東京大会がそうであったように、多くの皆さんが前向きに捉えることで、国全体の勢いを増すきっかけになればと思います。

昨日の朝の第一報から、マスコミやインターネット上には、様々な反応が見られてとても興味があります。概ね好意的なご意見が多いのは勿論なんですが、中には、否定的なご意見も散見されます。それは、開催中規制が多くなるから個人的に迷惑を被るといったもの、震災後の被災地と福島の現状を踏まえて、今の日本にその資格があるかといったもの、長野がそうであったように、開催後に負の遺産を残す懸念があるというもの、あるいは現代オリンピックの有りようについて疑問を呈するものなど、多様です。実は私自身もどちらかと言えば誘致にネガティブな意見を持っていた一人です。その理由は、オリンピック開催が、その国の経済発展に一定の寄与をするのが間違いないだろうという観点で、日本のような経済大国が開催するより、これから伸びしろ大きいトルコのような国に譲るのが良いのではないかと考えていたからです。

決定した今の時点で振り返ってみれば、それぞれの否定的ご意見が、今回の招致のどの段階で対処すべきだったか答えは明かだと思います。だから、立候補の段階で踏みとどまらなかった以上、その後の態度と結果には次の三点しかあり得ません。
1)招致を断念して中途で辞退する 2)最後まで争って破れる 3)見事勝ち取る
日本国民の多くが3)の結果をポジティウに捉えているのは間違いないと思いますが、一方 3)より1)のほうが価値があると考える方もいらっしゃるかもしれません。それは少数派ながら貴重なご意見と思います。2)がベストと思われる方はほとんどいないと思いますが・・。

少なくとも個人の立場で、こうして自由に意見が言える国であることは素晴しいことだと思います。平等を標榜しながら、それが許されない国も沢山ありますし、中には日本の招致活動に対して、明かな妨害をした国がることも知られています。こうした点を心のどこかにおいて、これから7年の間、日本人の知恵と力を集めて、2020年大会を見事成功させることで、世界中に日本のすばらしさを伝えられたら、それが大会を誘致した最大のメリットではないかとも思います。

http://tokyo2020.jp/jp/

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

検索

  • 検索

Powered by Six Apart

風林堂サイト

Facebook

Analytics

  • Analytics

手焼きせんべい処相模原風林堂のおせんべい日記